2018-09-20

ライザップ瀬戸社長の講演会に行ってきました「失敗の連続から学んだ答え」

隣町の窓が多くて
開放感のあるマクドナルドにて、、

ベンチマークさせていただいている
ライザップの瀬戸社長の講演会があり、
聴きに行ってきました。

行く前は、やっぱり遠いし、
どうしようかな・・?
と弱気になり
当日になっても迷っていました。

ありがちです。笑

しかし、やはり、行くことにしました。

そして、
行って、本当に良かったです。

今の私にとても大切な気づきを
いくつかいただきました。

今日はその中で大切だと思ったことを
2つシェアさせていただきたいと思います。

9割以上は失敗だった、失敗から学べ

ライザップは最初のCMから
すごいインパクトでしたよね。

だからか、
すぐに成功したように見られるようですが、
ここに来るまでの過去は
9割以上は失敗だった、ということでした。

高校時代、結婚も考えていた
大好きだった彼女に
大きく振られてしまった失敗。

大学受験も、
第一志望には受からなかった失敗。

ライザップの前にやっていた事業である
豆乳ダイエットクッキーの販売も、
美顔器の販売も、
一気に売れたけれど、
数年で一気に売れなくなった失敗。

毎日のようにスタッフが
辞めたいと言いにきた失敗。

お金がなくなり
人がどんどん離れていく失敗。


などなど。

その中で、
「自分は残ります、一緒に頑張ります」
と残ってくれた2人のスタッフがいたそうです。

その2人がどんどん
成長されていくのを見て
自分はバカだと気付いたそうです。

周りにはいろんなことを言う人がいる。

それに気をとらわれて、
落ち込んでいる場合ではない、と。

2人はどんどん成長し、変わっている。

だから、自分も変わろうと、
コミットしたそうです。

そして、たくさんもがいて、
コツコツと、コツコツと進み
今のところまできたようです。

彼自身は
「ウサギと亀」でいえば、
亀だと言っていました。

「あれがないからできない」
「自信がないからできない」
などと、
今持っていないものを悔やみ、悩んでも、
何の意味もない。

ただ、時間が流れてしまうだけ。

夢と情熱だけを持って、
「今できることは何か?」
と自分に問う。

人と違う結果を得たいのなら
人が遊んでいる間に、
コツコツ本を読む。

最初は全く本を読めなかったそうです。

本を毎日ただ開くことを自分に課しました。
そして、
1年後には1ヶ月で30冊読めるように
なったそうです。

本を読むことは、
環境を変えることになるわけです。

人間は、
たくさん一緒に過ごす人と、
考え方が、似てきてしまいますよね。

だから、
自分と同じように悔やみ、
立ち止まっている人ではなく、
本の中の人と一緒にいればいい、と。

ただ、失敗で終わらせず、
できることから
毎日コツコツやればいいと。

学び、また進めばいいと。

もちろん、
失敗なんて気にするな。
失敗から学べ、

ということは、
何度も何度も、今まで聴いたことがある教え。

だけど、
彼の言葉で聴いたら、
それが忘れてはいけない真実であると
その迫力は、伝わってきました。

改めて、腹の奥の方まで落ちました。
勇気をもらいました。

後悔しないように。今日もまた、亀のように進め

また、彼が繰り返し言っていたことがあります。

ライザップのキャッチコピーは
「結果にコミットする」
です。

これは、結果が一番大切だ、
ということではない、と。

結果にコミットして、
結果に向けて頑張ると
そのプロセスは、
かけがえのないものになる。

例え、
欲しくてたまらなかった結果を
最後に叶えることができなかったとして、

自分が
後悔しないほどのプロセスを
歩くことができたと実感できたら、

結果に関係なく、
すがすがしく、幸せな気分になるのだ。

だから、
プロセスこそが本当の目的で、
価値があるものだ。

経験こそが、財産である。

どうか、
自分の可能性を使いきってほしい。

・・・と。

これらを、
たんたんと静かに、

だけど、
熱い思いをたくさん発しながら
語ってくれました。

「後悔しないように今を生きろ」
というメッセージだと受け取りました。

今、自分より先に進んでいるように見える人が
いきなりそこに行ったのではない。

そう、頭ではわかってはいるけれど、
比べてしまう時がある。

だけど、熱い思いで語ってくれて、
安心しました。

そうです。
やっぱりそうです。

いきなり、すごく売れたのではない。

諦めず、
言い訳をやめて、
コツコツ、今できることをやって
進んだだけなのだ。

まとめ

いい意味で、彼は、普通の人だと感じました。

みんなが遊んでいても、
何を言われようとも、
自分は進むこと。

コツコツと亀のように
もがき、進むこと。

これが、人生の最後に、
「良い人生だった」と
すがすがしく、笑える秘訣。

今日は、自分にしつもんします。

「私は、今、
自分の可能性を使いきっているだろうか?」

「今、自分に何ができるだろうか?」

私も亀タイプです。

さあ、
たんたんともがき、進もう!

それでいい。

今日もありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です