傷を癒すだけでなく、天命を思い出すことで生きている実感が深まる

今、あなたは満たされていますか?

と聞かれたら、なんと答えるでしょうか?

どうしたら、生きている実感、満たされている感覚を毎日感じることができるのか?

それは、2つあると思っています。

目次

1.生きている実感を感じるには、まずは心の傷を癒す

ほとんどの人が心に傷を持っています。

傷とは、自分を止めるブレーキのようなものです。
心理学的には「ビリーフ」という思い込みのこと。

何らかの過去の体験により、「自分は足りていないのではないか」という不信感をもつわけです。

しかもその傷は、自分自身の人生で初めて刻まれたものではない場合もあります。

私たちは、一族の傷を抱え、属する文化の傷を抱え、この地球の傷を抱えています。

心の傷口が開いたまま、行動してももっと傷口は膿んでしまう。

それを癒すといいですよね。

自分に優しくするということです。

2.生きている実感を感じるには、もう1つは天命を思い出す

心の傷、嫌なこと、悲しいこと、不安なことを癒すことは必要です。
しかし、問題にフォーカスし続けもまた、問題は拡大されます。

傷という影が強ければ強いほど、本当は光も強い。

光とは、自分が生まれてきた時に授かっているギフト、才であり、天命のことです。

全ての人に、この世界に生まれてきた役立てるべき天命があります。

あなたの天命を思い出せるといいですね。

天命を思い出す方法は、いくつかあるかと思います。

一番簡単は方法は、そうですね、

自然の中でリラックスしたあと、
「私の心の天命は、○○○○についてです」
とつぶやくのがおすすめです。

自然と繋がった瞬間は、意外とスラスラと出てくるものです。

それは自分の力ではなく、自然、という集合体ビリーフが答えてくれる、と言ってもいいかと思います。

天命を思い出して、毎朝、そのことを思い出す。

そうすると、楽に行動できるようになってきます。

自分の力だけではない、力を使えるようになるからなんです。

ちなみに、私がこの方法で出てきた天命とは

「私の心の天命は、心を癒すことです」

でした。

もし、天命をスラスラと思い出すことができなかったら

もし自然の力を借りても、天命を思い出すことができなかったら、メンタルのプロの力を借りてください。

それは、傷を癒すところにもう少しフォーカスが必要、ということかもしれません。

本当は、潜在意識の中に、天命の情報はすでに格納されています。

自分はそれを知っているのに、それを素直に認められない、ということが起こっていると解説できます。

まとめ

私たち一人一人の心の奥には、この世界に役立てるべき才、天命があります。

それを使うために生きている。

生きるということは、影と光、つまり、心の傷を癒すことと、天命を思い出すこと、双方にフォーカスすることです。

そして、
この人生、一人で向き合い癒し、思い出すのはなかなかできないから、あなたの守護者を見つけてくださいね。

→メルマガ登録しませんか?
ブログには掲載されない、メルマガだけの限定記事があります。

→無料体験セッションを受け付けています(zoom)

the answerでは、心の傷を癒すことと、天命を見つけること、両方からアプローチしたセッションを行っています。

まずは、体験してみませんか?

  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる