2019-12-09

自分と向き合い続けて、私たちは進化する

海の見える
青と白のセッションルームにて、、

早いもので12月
あなたはどんな風に過ごしていますか?

私はと言えば、今年を振り返っていました。

今日は私が今年大きな進化を遂げた話を
シェアさせてください。

〜〜〜

2年くらい前から
自分で始めた心理学実践スクールを
拡大しようと考えていました。

1人でやれることは
もうやりきったと思っていたからです。

仲間とやれば
1人でいけないその先まで行くことができる
と考えていました。

より本格的に世界へ向けて
ビジネスを拡大しようと
思っていました。

事業計画書を念密に練り上げました。

経営のプロに見せても
すごくいいと太鼓判をもらっていました。

しかし、実際は
計画は立てられるものの
忙しさを言い訳にして
なかなか、行動に移すことはできませんでした。

そうして何もせずに
1年が過ぎ去っていきました。

ある人がようやくきっかけをくれました。

「まさこさんもう、我慢できません。
早く一緒にやりましょう。」
と私のお尻を叩いてくれたのです。

今年の5月ごろ
ようやく仲間と本格的に
計画していたビジネスの
スタートを切りました。

メンバーが入れ替わったり
幾度も失敗を重ねたり
いろんなことがありました。

だけれども、
都度、丁寧に仲間とコミュニケーションをとり
改善を繰り返し
大量行動をしました。

結局、今年の10月には
一区切りとなる目標を100%達成することが
できました。

1つの方向へ向かって
誰かと切磋琢磨して
共に歩き続けるという過程において

途中、この上ない嬉しさ、楽しさ、
愛や感謝の感情が
湧き上がってくる瞬間が何度もありました。

目の前にキラキラと光が広がって
「最高ってこういうことか・・・」
とつぶやいたこともありました。

美しい瞬間を体験できました。
本当に、嬉しかった。

でもね、
話はめでたしめでたし、
だったわけではないんです。

本当は私自身は
ネガティブの感情の方がまさっていました。

ずっとモヤモヤしていました。

何が原因かは
なんとなくはわかっていました。

遊びではないから、
利益という大きな成果を出すことのプレッシャーと
仲間とやることのモヤモヤでした。

今まで自分1人だとサクサク進んでいたことが
仲間でやるので当たり前なのですが
意識のズレがないように
都度、コミュニケーションをとることが
必須でした。

話し合ってみると
互いに深く分かり合えて
結果良かったと嬉しくなる。

でも、また次の日になると
誰かと何かを進めることに
なんとも言えないモヤモヤがありました。

これは、私の中の
「属してはいけない」
というビリーフ(思い込み)が
反応しているのだと気づいていました。

最初の1年、計画したものの
全く動けなかったのだって
このビリーフのせいだったと思います。

「誰かと一緒に深く関わりあい
1つのことをやり遂げること」

このテーマが私の人生に
重くのしかかっていました。

過去にも、
何度もこれで失敗をしていたからです。

以前の会社時代も
結局は、部下を育てることができず
1人で仕事を抱え
深いうつ病へと発展してしまった過去があります。

今度こそはうまくやる、
そう願っていました。

でも頭の中ではこう何度も唱えていました。

「私はなぜ
 人と一緒に何かを
 心地よくやり遂げることができないの?」

「なぜ、こんな嫌な気持ちになるの?」

「一体、私は何を恐れているの?」

「なぜ、こんなにも自分は小さいの?」

「こんなに恵まれていて
 素晴らしい仲間で
 一体、何が嫌だというの?」

自分にそう問うと
ポタポタと、涙がこぼれ落ちました。

自分の器の小ささと葛藤していました。

これはもう
先祖からひきついだ悲しみか
前世に何かを体験した悲しみか
何かなのだろうと思い、

マインドフルネス瞑想を
毎日やりました。

心の奥底を癒し続けて
なんとか乗り切りました。

そして、応えが出ぬまま、
10月に大きな目標達成をできました。

とても安心しました。
ずっと不安だったから、ホッとしたんです。

仲間に目標達成するかっこいい自分を
見せたかったのでしょう。

目標達成してホッとして
なんだか吹っ切ることができました。

達成した日、
無性にドライブに行きたくなりました。

運転しながら、
ここまでの道のりを振り返って
涙しました。

私はとうとう決断しました。

ーーー

もう人と一緒に仕事をするのはやめよう。

もう、私はできない。
そうだ、できないんだ。

なんとか無理して頑張ればできる。
でもそれは、
できないってことなんだ。

そもそも、そういう人なんだ。

そろそろ
できないことを受け入れよう。

みっともなくていい。

途中でこの取り込みから降りること、
今の気持ちを正直に伝えて、
みんなにごめんなさいと言おう。

たとえ、嫌われてもいい。

それでも私は変わらず、
好きでいればいいだけだ。

仲間は私が近くにいなくたって
大丈夫だ。
十分、幸せのはずだ。

生きる上でそんなに苦しむ必要はないんだよ。

それをやるために、
そもそも生まれてきていないんだよ。
担当が違うだけ。

ーーー

これらは私が
クライアントさんに何度も言っていたはずの
言葉でした。

自分ではわかっていませんでした。

私は、仲間と何かを取り組むことは
トラウマであり、
私の制限のビリーフだと思っていました。

でもこれは、制限ではないのだとわかりました。

ちょうどその頃、
ココ・シャネルの話を聞きました。

彼女には友人は1人しかいなかったそうです。

自分の心の奥と向き合い
深く深く自分の中に入っていくことで、
あの素晴らしいファッションを
突き詰めたそうです。

だから、彼女は
人と一緒にいるのが
そもそも苦痛だと感じるDNAを
持って生まれてきたのだと理解しました。

きっと、私もそうなのだと思いました。
それでいいじゃないかと。

私も1人でいればいるほど
クリエティブなイマジネーションが
どんどん湧き上がってくるのでした。

わかってみれば、
「なーーんだ!!そーいうことか!」
と一言で終わる話でした。笑

私は以下のようなたくさんのビリーフを
ようやく解放することができました。

ーーーー
仲間と一緒にしないと拡大できない

コミュニティを作らないといけない

SNSで頑張って人と繋がらないといけない

リーダーとして引っ張っていかないといけない

ちゃんと成果をださないといけない

目の前の人を喜ばせてビジネスを拡大しないといけない

ーーーー


いや本当にもうね、、、
これらは、“私にとっては”全部間違っていました。

だって、モデリングしていたメンターが
全部これちゃんとやってたから
やらないといけないと思い込んでた、、。

これらを手放すと決めた瞬間から
とても自由に楽になりました。

体に羽が生えたように軽くなりました。

なんだか今呼吸しているだけで
なんとも言えない嬉しさが
込み上げてきています。

ああ
自分の欲求に従って生きる、
自分が自分を幸せにする、
ってこういうことだったのか
と気づきました。

ほんと、まだまだです。

私たちは、ある程度までは
世間的に当たり前と思うような制限を
自分で解放することに
時間を費やす必要があるのでしょう。

先にこれらを解放しなければ、
やりたいことを自由にできないのです。

自分の中にスペースがないと
やりたいことをできないのです。

だから、回り道に見えて
本当はこれが最短の道だったのだと思います。

そして、私は新たにここに決断します。
私が引き受ける
新たなるビリーフです。

ーーー

・仲間と一緒に仕事をしなくてもいい
・コミュニティを作らなくていい
・SNSを無理してやらなくてもいい
・会社を大きくしなくてもいい
・ビジネスをちゃんと拡大させようとしなくてもいい
・いわゆる有名にならなくてもいい
・講座とか人数を増やし続けなくてもいい
・もっともっと自分の心の奥底へと
 好きなだけ潜り込んでいい
・私は私を、突き詰めていい
・好きなことだけやって豊かになっていい

ーーーー

そう決めたら、本当に本当にスッキリしました。

もっともっと真剣に、自分と向き合おう。

もう逃げない。

もっともっと自由に生きよう。

私は私らしく。

もう無理しない。

自分が自分をもっと幸せにしよう。

そう強く、自分と約束したのでした。

目の前に広がる海は
喜んでくれているようでした。

〜〜〜

ここまでが私が体験した
今年の進化です。

大きな気づきとしては2つ。

1つは、迷ったらやってもいいんだな
ということです。

今回のことは
やらないと分からなかったことだからです。

モヤモヤすることは
全力で一度向き合ってみた方がいい。

やってみて、自分の心の奥と向き合い続ける。

そうしたら応えが出ます。

途中のネガティブの道のりさえ
終わってみると愛おしく感じます。

やってみてわかることってあるんですよね。

もう1つは、
自分が思っている制限は
本当は制限ではないかもしれません。

それを受け入れると
すごいことになるかもしれません。

ということで、
もう迷うことなく
もっと自分の心の奥深くに入っていこうと思います。

数字やビジネスを追わないで
本当にやりたいことしかやらないと決めた私を
どうか、これから楽しみしていてください。

これが宇宙の真理なのだと気づいています。

その過程をこれからもあなたに隠すことなく、
シェアしていきたいと思っています。

いつも、ありがとうございます。^^

追伸1、、

クライアントさんへ

個人セッションや講座、サポートは大好きで、
クライアントさん、講座生の方が
より幸せを増やすことに
多大なる興味があって
深く関わりたいと思っています。

これからも引き続き、よろしくお願いします。^^

追伸2、、

その後、早速興味が出てきたのは
「テレパシー」を宇宙から受信することです。

(↑いきなりそこ!??)笑

テレパシーを受信できる瞑想があります。

それをひたすらやっています。

人に誘われても
「今テレパシーを受信しているから会えない」
と言っています。笑

これでいいんだよね?
え?

関連記事