プロのメンタルコーチ勉強会開催報告(2022年1月1回目)~「どうしたらお客様の成果を出し、感動していただくことができるのか?」風の時代のビジネス成功法則~

今回はふみさんが概要をまとめて感想をシェアしてくれました。ありがとうございます。

ーーーー

プロのメンタルコーチのスキルアップのための、月2回の勉強会が始まりました。

目的は2つです。

1つは、コーチがより深く幸せに、クライアントも深く幸せへ導ける存在になること。

もう1つはプロ中のプロのコーチ、世界基準のプロを目指すこと。

スキルアップと人間力のアップを目指していきます。

先日2022年1月9日(日)のテーマは

どうしたら圧倒的にお客様の成果を出し、感動して頂くことができるのか
~風の時代のビジネス成功法則~

でした。

大切なところだけ内容を抜粋してシェアさせていただきます。

お客さまとどうやって信頼していただくのか、自ら動こうと思っていただけるのか?

すでに人の体を変えることにおいて素晴らしい成果を出されているライザップの本を研究しました。

ライザップ式接客術から

 ●向き合う力

 ●寄り添う力

 ●繋がり続ける力

が、全コーチに教育されている話がありました。

特に2つ抜粋します。

「100%承認し、クライアントに興味をもつ」

ここは、今までは、ある意味、人間力に頼っていた部分でしたが、これからは、ここのスキルを上げていく(スキルアップ、メソッドの体系化)という話がありました。

~~

セッション中は、クライアントの「状態」には興味はあっても、本人の存在そのものを、どこまで承認できていたか…、と考えさせられました。

そもそも、日常生活においても、「興味をもつ」は人間関係全般においても大事です。

家族に対する承認が疎かになると、家族との関係が悪化する、という気づきもありました。

これは、クライアントの心を支え、安心し、行動してもらい、成果を出すことにつながります。

クライアントに「真のニーズ」を考えさせ、コーチがそれを共有する。

WHYを何回も繰り返して、「本当は何を望んでいるのか」を徹底的に見つけ出す(5つのWHY)。

そして、それをコーチと共有することで、クライアントの欲しい結果を現実化させることに全力を注ぐ。

~~~

クライアントの「真のニーズ」

これは、何度も何度も話し合わなければ、わからないところだと感じました。

そして「真のニーズ」に、コーチは全力を尽くして、その実現を目指す。

これぞ、予想を上回る成果をあげ、満足して頂ける結果をもたらす一つの要因だと感じます。

これらは「愛着形成」の土台を身につけるということ。

つまりライザップや劇的な成果を出している企業は何をやっているのかというと、

クライアントを承認し、自ら動きたいと感じていただけるようにしているということに気づきました。

具体的な内容は「人を動かす」力を研究し、それを本当にお客様に対して実践しているのではないかということでした。

「人を動かす」はデールカーネギーの有名な書籍のことです。

この内容は人と真の信頼関係を持つことです。それはつまり

愛着形成になっているのだということでした。

以前とは変わって、今は、怖れで動く時代ではありません。

ほとんどの人が自信がなく、安心したいと思っています。

だからこそ、これからは、「愛着形成をやり直し」をクライアントと一緒にやり、愛着形成の土台を身につけて、成果に結びつけていきます。

これは、コーチがクライアントと、信頼関係を本気に結びにいくことです。

家族のように

親友のように

一生を共に過ごすパートナーとして、繋がりを大切にする関係を創っていきます。

人間は誰かと本当に信頼関係を結べることで、この世界が安全だと体感して、本当に望んでいることを行動できるのではないかと思います。

もちろん、信頼関係の構築は土台です。


そのかたの制限になっている根っこの問題を取り除き、そして本当に望んでいることを現実にすることをサポートしていきます。

コーチにスキルを定着させるには

書籍「どんなメンバーでも即戦力に変わるディズニーのすごい仕組み」より

愛着形成をやる=心からの人間関係を構築して信頼していただきます。


では、それらのスキルをどうやって身につけていくのか、の話し合いました。

例として、ディズニーの仕組みの話がありました。

1.徹底的な最強マニュアル化(ビー・クリア)

ディズニーは必要最低限の仕事が、悩むことなくできるように、徹底的なマニュアル化をしています。

私たちもこれに習い、徹底的なマニュアル化を進めていきます。

それは、迷うことで無駄な労力を使わないためです。

細かすぎず、大雑把すぎないマニュアルを作り、それを周知させることで、「本来の仕事」に力を使うことができます。

2.Mission(本来の仕事)= ギブ・ラブ

ディズニーのミッションは、ギブ・ハピネスとのこと。

お客様に幸せを提供する。

とてもシンプルで素晴らしいです。

私たちもそれに習い、ミッションについて話し合いました。

私たちのミッションは = ギブ・ラブとしました。

私たちの本来の仕事は、「愛」を提供することです。

最終的には、メソッドの枠を超えてアドバイスもします。

クライアントと、友人のように家族のように、信頼関係を結び、心から相手の幸せを願って、愛を届ける。

それが、私たち the answer の MISSION です。

 6:4の割合

最強マニュアル(ノウハウ):本来の仕事 =6:4

本来の仕事で、能力を発揮するために、ノウハウを大切にしつつも、本来の仕事は4割はある。

そこの感覚が大切だなと思いました。

気づき

人をサポートする前に、自分で自分を満たしておくことは、やはり大切だと思いました。

そして、自分を愛で満たしながら、仲間と人間力を高めながらサポートできる仕事が素晴らしい、とも。

ずっと自分のことだけで手いっぱいで、人のことを考える余裕や、人に興味をもつ余裕がないこともありました。

でも、少し「人のことを考えるをやってみよう」と思い始めている自分に気づけました。

この勉強会を通して、もっと「人と心から繋がりたい」「安心安全の世界で生きたい」ずっと感じていたことが、より深く体感できそうで嬉しいです。

  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる