2019-09-17

心を変えるために最初にやること

コンビーフサンドイッチが絶品の
隣町の珈琲屋さんにて、、

先日、認定コーチのクライアントさんと
お話させていただく機会がありました。

Aさんと呼びましょう。

Aさんと
zoomの画面越しでお話ししました。

あまりに強い光が宿る目の輝きと、
聡明であり、かつ自然体の雰囲気に
私は感動していました。

Aさんがセッションを受けられる前の
過去を存じ上げていたからです。

自分の心の奥と向き合うことで
人は短期間で
こんなにも深く進化することができるのか。

心の奥が熱くなりました。

「ああ、いろんなことを乗り越えて
今、ここに存在していてくれるんだ」
とわかりました。

Aさんは、
息子さんを小さいときに
亡くされています。

病気だったそうです。

私は子供がいませんので
その苦しみ全てを理解することは
到底できませんが

想像するに
お子さんが亡くなるということは
本当に耐え難いことだと思います。

精神科のカウンセリングにも
通っていたそうです。

長年、自分のことを責めながら
どうすることもできない
深い悲しみの中にいたようです。

他の家族との関係も
いろいろあり
うまくいっていませんでした。

体にも影響が出て
健康の面でも問題があったようです。

「なぜ、人生には
こんなに辛いことあるだろうか?」

と考え続けていました。

そして、Aさんは
人生を大きく変えることができました。

長年、自分がダメだという思考の癖に
支配されていたと気づいたのです。

自分が自分を追い詰めていた、
ということに気づかれました。

どうやって変われたのか?

それは
専属のメンタルコーチとともに
自分とのコミュニケーションを
根っこから真剣に変えたのです。

「変われたポイントを
たった1つ挙げるとしたら何ですか?」

という私の質問に
Aさんはこう答えてくれました。

「変われた理由を1つあげるとしたら
感情採点だと思います。

自分がどんな事に苦しみ、
悲しんでいたのかが
わかるようになったんです。

自分を長くずっと癒せなかった。
癒す方法を知らなかっただけと
わかりました。」

感情採点とは、
オリジナルのワークです。

毎日、本物の感情を見つけ
客観的に点数をつけてもらいます。

どんな偏った思考があるのか
客観的に分析してもらいます。

これは
自分の中の客観的な大人の人格
「アダルト」を
育てることをやってもらっています。

誰もが
自分が自分を客観的に捉える力が
必要なのです。

そのあとは
本物の感情を言葉にして
感じきります。
自分に深く共感する言葉がけを行います。

これは、自分のなかの
本当の自分である「フリーチャイルド」と

応援する部分である「愛ある親」
育てることを意味しています。

客観的に捉えることが
できるようなったら(アダルト)、

次に本当の自分を出す訓練をして
(フリーチャイルド)、

そして、
自分に寄り添う力を育成する
(愛ある親)。

心の奥と向き合い
1つずつ、ステップバイステップで
毎日、毎日、育てていきます。

心を変えるために
まず最初にやることは
感情を正しく取り扱うことです。

感情に自分が変わるヒントが
隠されているのです。

「本物の感情と深く向き合うことは
とても苦しかったです。

けれど、
自分の事を受け止め、
慰めることができるようになりました。
癒す事ができるようになりました。

客観的な自分にもなるので、
あらたな気づきが
どんどん出てきました。

私は自分を裁く癖、裁判官が
よく出動するのもよくわかりました。

いつのまにか自分を裁き、
人も裁いていたことも気づけました。

自分を客観的に見れるようになって
裁くのをやめて
とうとう前に進む行動が
できるようになりました。」

見えていなかったことが
見えるようになっていったのです。

そうすると
見える世界が変わるのです。

「信頼できるコーチに出会えて
安心して変わることができました。

1人では絶対にできなかったと思います。
人生観がかわったんです。」

一人ではできなくても
プロがいれば前に進める。

そういうことってありますよね。

なぜか、勉強などは
先生に教えてもらった。

だけど心のこととなると
私たちは
なぜ、プロに頼るという発想が
ないのでしょう?

「頼ってはいけない」
という思い込みですかね?

ならば、もう手放していいんですよね。

最後にAさんはこう言われていました。

「全て、大丈夫だと自然と思えるんです。」

天国に行かれた息子さんに対しては
「今も近くで、喜んでくれている」
と感謝にフォーカスされていました。

こう自然体で言えるようになったこと
本当にすごいなあ、と思います。

「もう家族を信じて、過剰にかまいすぎず、
自分がやりたいことをやろうと思います。」

と力強くおっしゃっていました。

本当に本当に
やりたいことも見つかったようです。
もう迷いはないようです。

素晴らしいシェアをありがとうございました!

私たちは、変わることができる。
私たちは、自分を自分で幸せにできる。

自分が悪いのではない。

心理学を正しく日常で使う方法を
知らないだけ。

心理学を正しく日常で使い
自分の思考の癖を変える訓練を
積めばいいだけ。

自分を、自分で幸せにしよう。
もっと幸せになっていい。

今日もありがとございます。

〜〜〜
最新の記事はメルマガから読むことができます。
限定記事もあります。

メルマガ会員様優先で
体験セッションの受付もしています。

メルマガ登録はコチラから

関連記事