the answerとは、自己肯定感をあげる場所

メンタルをプロデュースして、人生を変える
心理学メソッド実践スクール
「The answer」

the answerは、
「自己肯定感をあげる」ことを目的とした、メンタルを強くするオンラインスクールです。

スカイプやzoomによるオンラインですので、場所に関係なく、セッションを受けたり、学んだりすることができます。
個人セッションや、グループの講座、オンラインの動画などで受講できます。

「自己肯定感をあげる」が意味することとは、自分を信頼できるようになるということです。

自分はOK、自分は大丈夫だと、自分自身が深く信頼できれば、本当に欲しい未来にむかってやりたいことを行動できるようになる、

ということでもあります。

ビジネスでも、プライベートでも自己肯定感がどれだけあるかによって、大きな影響を及ぼす、と言えるかもしれません。

何かに終われている満たされない人生から、→主体的な、充実した人生に変えていきます。

メンタルとは、思い込み、感情、思考です。

心理学をただ学んで終わりではなく、心理学を戦略的に「普段使い」できるようになることを目指しています。

よくわからない、思考や感情のグルグルを終わりにして、メンタルをプロデュースし、人生を変えていきましょう。

あなたは、本質的に変わるためにどうすればいいのかわからず、グルグルとずっと探していたこと、

the answerは、その「あなたの探していた答えが見つかる場所」です。

やること

やることは、たった4つです。

1.重要な心理学を学ぶこと

2.思考の癖を知ること

2.いらない思考の癖を変えること

3.欲しい未来に向けて、自分の強みをカタチにすること

これらを心理学に基づいたわかりやすいワークとセッションによって、PDCAを繰り返し、徹底的に変えていきます

the answerが目指していること

the answerが目指していることは、自己肯定感をあげることです。

3ヶ月で自己肯定感が安定することに100%コミットしています。

自己肯定感が安定している、ということは、
自分を信頼している、
大丈夫、OK、どうせうまくいく、

と信じられる状態のことです。

もう少し詳しくいうと、自己肯定感が安定すると
以下のような3つの状態になることです。

1.「自分を好きだ」と即答できるようになること

2.主体的に生きれるようになること

3.1秒でも多く、自分を歓ばせること

1.「自分を好きだ」と即答できるようになる

「自分が好きですか?」
と言われて、イエスと即答できる人は私たち日本人は、多くはないかもしれませんね。

何かをやりたいときに、「自信がない」ということが理由になることも多いのではないでしょうか。

自信がない、とは、自分を信じていないということ、自分が自分を不十分だと思っている、ということです。

もしも、自分が自分を好きだ、大丈夫だ、と肯定できるようになると、いろいろと、変わってきます。

自分を肯定できるとは、以下のような感覚を持っている、ということなんです。

・私は自分を好きである

・私は無条件に価値がある

・私はどうせ幸せになれる

・失敗してもそれを次に活かせばいいだけ

・だから、相手も無条件に価値がある

ちょっと失敗して、自分の頭の中で、

「ダメだね」
「ほら、あなたにはできないよ」

と自分で責めたら、私たちは、良い行動がなかなかできなくなってしまうかも。

自分を信頼できるようになるために、メンタルを思うようにプロデュースして、心の安全基地となる土台を作ります。

「自分が不十分である」という制限する思い込みを手放し、

自分が本当は何を感じているのか、感情を大切にすることから、自分らしく生きること、から始まります。

そんなに難しいことではないんです。

ただ、心理学を普段使いするやり方を知らないだけなのだと思います。

2.主体的に生きれるようになる

自分が自分を好きになり、信頼できるようになったら、どんな毎日になると思いますか?

大切なことを主体的に選択して生きていく、というステージに入っていきます。

自分の人生のハンドルを他人に握らせるのはなく、自分で握る、ということです。

人のために生きるのをやめて、自分が思うような人生を歩んでいくのはどうでしょう?

やらなければいけないことで埋め尽くされた人生ではなくて、やりたいことを楽しみながら行動する人生はどうでしょう?

主体的に生きるために、自分がどうありたいのか、自分が好きなこと、大切にしたい価値観などを明確にしていきます。

3.1秒でも多く、自分を歓ばせる

目の前の人に、何かをやってあげて、喜んでもらうことは、人間の本質的な歓びなのだと思います。

ただし、そのやっていることが本当は好きではないとしたら、自分が満たされないとしたら、それは、いつか、きつくなってしまいます。

自分が満たされて、初めて、人に本当の意味で、何かを与えることができる、
ということかもしれません。

心理学では、人の悩みの90%〜125%が人間関係の悩みだと言われています。

さらに、人間関係で一番大切な関係は、「自分との関係性が80%」を占めるということが言われています。

自分との関係が良くなると、他人の関係性は劇的に変わっていきます。

だから、順番としては、他人との関係性を一生懸命よくすることが先ではなくて、自分が先、です。

自分の歓びを知って、そして、それを増やす行動を積み重ねていきます。
1秒でも多く、自分を歓ばせる習慣をふやしていく。少しずつ。

また、自分を歓ばせる、と言っても、目の前の短期的な快楽を選択し続けていいよ、という意味ではありません。

もし、その目の前の短期的な快楽(例えば、テレビ、インターネット、ゲーム、アルコール、食べること、買い物など・・)が過剰であり、それを続けると、長期的には自分を歓ばせないのだとしたら、それはおそらく、自分が本当に本当に望んでいることとは違うのかなと思います。

長期的な快楽を得るために、今の短期的な快楽を全てなくすということも違う。
バランスなのだと思います。

大切なのは、すこしずつ、良い習慣を作り出すこと。

人生の8割を占めると言われている習慣を良いものに変えると、人生が大きく好転するわけです。

思い込み、感情、思考のパターンを戦略的に変えていきます。
人生の目的、価値観、自分が歓ぶ瞬間を明確にしたら、あとは、そこに向かって時間を使う。

情熱的にワクワクしながら、かつ、今、ここを大切にして、丁寧に自分と相手の心とつながりながら、毎日を過ごす。

そうして、目の前の人を喜ばれる。
与える人となっていく。

the answerはそんなことを目指しています。