主宰者やはぎプロフィール

矢作 雅子 (やはぎ まさこ)

メンタルコーチ
在り方にそって生きる「アンサー心理学」心理学研究者
心理学 実践スクール「the answer」主宰

心理学・脳科学・コーチング・カウンセリング・セラピーの理論をベースに、人がネガティブな感情を繰り返すこと、良い行動を先送りしてしまうこと、などの心の根本的な原因を解決するプロセスを体系化し、独自のメソッドを開発。

言葉・体・フォーカスするものを変えるだけで、心の根底から「自分は大丈夫だ」「人生を楽しもう」と感じる力を引き出し、自己肯定感をあげ、在り方に沿って生きる心理学・メンタルの専門家。

2017年より「the answer」の前身となるメンタルを強くする心理学オンラインスクール「NO BORDER メンタルアカデミー」を開始。
2018年、心理学 実践スクールとして「the answer」と名称変更。

現在、心の取り扱い方、メンタルについて学ぶことの重要性が口コミで全国へひろがっている。
矢作の個人セッションは、一年3ヶ月待ちとなっている。

過去
仕事では長く経営コンサルタントとして精進してきたが、
同時に、20年以上に及ぶうつ病、億を超える借金、重い皮膚病による全身の肌が壊滅、人間関係の問題など、心の問題から、様々な問題を抱えていた。
2年間寝たきりになった後、「もう本当にこのままでは嫌だ。人生を本気で楽しむのだ!」と決断。
心理学・脳科学を学び、日常で戦略的に実践したことにより、劇的に復活を果たした。

現在
現在は、心・人間関係・経済面での自由を手に入れ、千葉の海のすぐ近くで、家族と猫と、のんびり田舎暮らしを楽しんでいる。

週4日はメンタルコーチとして、深いトラウマがあり心理的な病を抱えている方から、ビジネスで多方面で成功している社長、小さな子供を抱えながら、社会からの孤立に悩んでいる主婦の方まで、色々な状況の人々とじっくりと対話するメンタルプロデュースセッションを行なっている。

臨床を積み上げ、アンサー心理学としての考え方と、the answer心理メソッドとして体系化した。

「自分のことを好きだ、と迷わず即答できる人を一人ずつ増やし、1万人にする」
という夢を持って活動している。

「心理学を普段使いして、在り方にそって生きよう」
をキャッチフレーズに、本当に望む上質な人生を生きるためのサポートを行っていまる。

方向性を指し示せ

上部の画像に「方向性を指し示せ」は、マインドフルネス瞑想中に、自分の在り方を問いを続けていたところ、内側から何度も強く沸いてきた啓示の言葉である。

よって、
矢作雅子の在り方=「何者であるのか?」の答えは
「方向性を指し示す者である」

だと自分で思っています。