2020-12-21

【個人セッションクライアント様の声】長い間抱えていた辛さが、たった1年半で変わりました。「辛い」とか、「苦しい」とかが日常だったのが、今は「なんだか楽しい」が日常になっています。

個人セッションのクライアント様の声をいただきました。
ありがとうございます。

高橋いづみ様

1.個人セッションを受ける前はどんなことに悩んだり、困っていましたか?(ビフォー)

生きていること自体が楽しくなく、早く寿命が来ないかなと思っていました。
両親との関係が辛さの原因だとわかっていても、それをどうしたらいいのかわからず苦しかったです。
また自己肯定感が低いことがわかりつつも、どうにもできずにいました。

2.個人セッションを受けてどのように変化されましたか?また、どんな感情が増えましたか?(アフター)

親とのことを手放せていけている実感を感じられるようになったし、毎日が理由はないけれどなんか楽しい。

まだまだ色々楽しみたいし、死にたくないなって思うようになりました。


自己肯定感も徐々に上がってきて、以前より自分を否定することも少なくなりました。

3.印象的だったセッションやワークはなんですか?

どれも印象的でしたが、感情採点とホメホメ日記です。

自分の感情をじっくり感じて点数をつけるというのは初めてで、慣れない間は難しかったですが、感情を感じると早く元の状態へ戻れることを知ってよかったです。

またホメホメ日記は、今まで自分を褒めるということをしてこなかったので、そんなことで褒めていいんだ!と驚きました。

4.あなたが変化するために特におおきかった気づきはどんなことですか?

望みが現実化するのにはフォトンが関係していること。
感情が関わっているというのを知ったことが大きな気づきです。

今の現実はやっぱり自分が作っているということを、知ることが出来てよかったです。

5.たくさんのコーチ、カウンセラー、セラピーいろんな心理学の方法があるなかでthe answerを選んだ理由はなんですか?

たまたまネットサーフィンで、「自己肯定感をあげる」と検索すると、the answerのホームページが出てきました。
根本を解決する、それが出来るという部分に惹かれました。

6.これからどんなことを大切にして生きていきたいと思っていますか?

人生を楽しむこと、自分を幸せにすること、愛する人たちとの時間を大切にすること。
これらを大切に、生きていてよかった、と思える毎日を生きます。

7.矢作雅子コーチを一言で言うとどんな人ですか?

最後まであきらめない人。私よりも私を信じてくれた人、だと思います。

8.the answerのメンタルセッションを受けるか迷っている方に一言メッセージをお願いします。

私は、20年以上ずっと、「変わりたいのに変われない」を繰り返していました。
そして親との関係が影響を与えていることに気づいて10年以上、やっぱりどうにもできずにいました。


長い間抱えていた辛さが、たった1年半で変わったこと、今が楽しいと思えるようになって、当時の苦しかった思いを、今はほとんど思い出せません。


「辛い」とか、「苦しい」とかが日常だったのが、今は「なんだか楽しい」が日常になっています。辛い人生が楽しい人生へ、そんな方が増えるといいなと思います。

関連記事