2020-06-12

起業してしばらく経つのに売上が飛躍的に伸びない方必見!本当の原因ベスト2と改善策を公開

私は以前
「起業して少し経つのに、売上がなかなか増えない」
という問題を抱えていました。

頭の中では流れていたセリフはこれです。

「なぜ、ちゃんとできないのだろう?」

もう少しだけ、もう少しだけ頑張ろう、
と思っていました。

頭の中では常に
「あれもやらなきゃ、
これもやらなきゃ、
ああ、あれやってない・・・」

とグルグル考えていました。

でも、それができなかった。

考え続けていたので常に疲れていました。

自分で選んだ仕事のはずなのに全然楽しくなくて、
「これがいつまで続くのだろう?」
とモヤモヤしていました。

売上が伸びない偽物の原因とは?

どうしたら売上が増えるのか?

そのころ自分ではこう思っていました。

・自分がやるべき仕事をちゃんとやっていないから
=自分がダメだから。

・スタッフがちゃんとお願いしたことをやってくれないから
=相手もダメだから。

です。

何をやれば売上が上がるのかは
自分はわかっているつもりだったんですよね。

だけど、それができない。

飛躍的に売上が伸びない原因は
「自分のやる気のなさ」
って思い込んでいました。

しかし、売上が安定して自分がこうなりたいと
思えるようなライフスタイルになって
今ならわかります。

この原因は実は、偽物だったんです。


そもそも人間は、
やる気なんて、上がったり下がったりするものなんです。
「やる気だけ」に頼るのは得策ではないんです。

どおりで長く解決しなかったはずでした。

売上が伸びない本当の原因とは?

心理学を学んで、売上は安定しました。

売上が飛躍的に伸びなかった本当の原因とは
人によってもちろんいろんなケースがあると思いますが
過去の私も、
それから私がよく相談を受けているクライアントさんも
ほとんどのケースでこの2つだったんです。


1.自分を裁きすぎて、もう一人の自分が思考停止している
2.一人で解決しようとしている

原因1.自分を裁きすぎて、もう一人の自分が思考停止しているから

心理学的に言えば、人間は誰もが複数の人格を持っています。

自分の中の1つの人格として、
自分に意見を伝える人格が悪い方へと成長しすぎて
裁判官になっていたわけです。

毎日毎日、自分が自分を過剰に裁いていたんです。
もうその感覚がばかになっていたんです。

ちょっと想像してみて欲しいのですが、
自分の上司から、毎日のように

「なんでできないのかな?」
「君は怠惰で、君はダメな人間だ」

って言われ続けたとしたら、、

これはもう立派なパワハラです。

一生懸命やってもやってもこれを言われるので
そりゃ、動けなくなりますよね。

もうどうすればいいのかわからなくて
思考停止状態になったり、
自分がひねくれてしまっているんです。

どうせやったって正当に認められるわけではないので

脳が動くのを止めるんです。

原因2.一人で解決しようとしている

それから2つ目は、一人で解決しようとしていたってことですね。

その時はもう、人に頼るとか、考えもつきませんでしたね。

助けてもらえるなんて思ってもみなかったし、
お金を払って教えてもらうこともしなかった。

無意識では、自分にそんな価値がないって思っていたんだと思います。

ちなみにですが、

この2つの原因は
潜在意識ではどちらも幼少期のこととつながっているケースが
ほとんどです。

小さい頃、
目の前のことをまずは「できたね」と褒めてはいけないし、
もっと頑張らないと愛されなかった、
その場所で生きられなかった、
とかそんな感じの可能性があります。

このように
起業してしばらく経つのに
売上が飛躍的に伸びないのは
本当は自分のせいではないんです。

自分の中にあるビリーフ(思い込み)のせいなんです。
「もっとちゃんとしないといけない」
「頼ってはいけない」
というビリーフ(思い込み)です。

比較的に売上を上げる解決策とは?

解決策としてもこの2つがもう劇的に効きます。

1.自分の日々のできたことを認知する
2.うまくいっている人に頼る


解決策1.自分の日々のできたことを認知する

自分が毎日毎日、
「これもできたね」
「これも進んだね」
と認知するんです。
声をかける。書き出す。

そうすると、
もう一人の自分は単純に嬉しいんですね。

やったことを認めてもらうことは
とても意味があります。

自分が行動したら、
ちゃんとそれを承認されるという
安心感を持つことができます。

自分のエネルギーが軽くなります。

そして、
夜もぐっすり眠れるようになる。
パフォーマンスも上がるわけです。

同じような労働時間でも
クリエイティブな発想も出てくるようになる。

などいいことがたくさんです。

解決策2.うまくいっている人に頼る

自分が進んでることを認知できるようになっても
自分でのアイディアは限界があります。

失敗しながら進むことはできるけれど、
それなりの数の失敗をすることになりますね。

であれば、すでにその失敗も通っている先輩に
教えてもらったほうが早いです。

すでにうまくいっている人で
自分がいいなと思うエネルギーの人に
素直に「教えてください」って頼めばいいんですよね。

「教えてください」
と頼むこと、これは私、かなり勇気がいりましたね。

その時、自分が収入的に余裕がなかったので
自分への投資として少し高額のお金を払うことも
勇気がいりました。

それでもやっぱり頼ってよかったです。
今までなら、1ヶ月とか3ヶ月とか
下手したら6ヶ月とかダラダラと悩んでいたことが、

その専門の先生に聞けば、
5分で解決するですもん。

驚きました。

スイスイと先に進むようになったのです。
教えてもらことにも

まとめ

今、もし同じようなところをグルグルしているとしたら、
ぜひプロに頼ってください。

自分を裁いてしまうのをやめて、
進んでいることの認知をする、
それさえもそのパターンから抜けられないのなら
プロに頼ってください。

メンタルのパターンを変えていくことは
人生を劇的に変えることにつながっていくと思います。

売上は、もっと心は軽くなると伸びるんですよね。


関連記事