2019-02-12

自己肯定感を安定させる独自の「OKメソッド」の改善をしました!ver7

自己肯定感を安定させる独自のメソッドについて、
またまた改善を入れました。

今回、意外と大きな改善になったと感じています。
素晴らしい成果がでています。

その変更内容をシェアさせてください。

the answerのメンタルコーチでなくとも、
他のやり方でやっている
コーチ、カウンセラー、セラピストさんにも
シェアしたい内容ですし、意味があると思います。

どんな改善をしたのか?

私は、クライアントさんの自己肯定感を安定させることを目指しています。

自己肯定感を安定させることは、
自分を裁かなくなり、うまくできなかったことも受け入れ、
本当に望んでいることにチャレンジができるようになるからです。

自己肯定感が安定すれば
その結果、そのクライアントさんが夢を叶えることに繋がるからです。

自己肯定感を安定させるステップとして、
the answerの独自のメソッドがあります。

このメソッドに
途中、新たにステップを1つ追加しました。

それは、「ステップ4.安心する」です。

「安心する」体験がなぜ大切なの?

今回、セッションの流れの中で、
「ステップ4.安心する」を追加しました。

自己肯定感を安定させるには、
この世は安全で・安心できる世界だと認知する必要があるんですよね。

今まで、「3.癒す」ところで、
過去からずっとためてきた悲しみを流すことで、
同時に安心できると思っていました。

安心できる人ももちろんいるのですが、
もう少し丁寧に、安心の体験をした方がいい方が
結構な割合でいるとわかりました。

「うまくできない部分があってもOK。
何も怖いことが起こらないよ。
安心していいよ。」

と腹の底からわかるのは、
自分以外の誰かに、そのように無条件の愛の中で接してもらう必要があるようなのです。

安心世界を見たことない、感じたことない場合、
自分1人でそれを創造することはうまくいかないんですよね。

だから、この安心体験を途中に入れることにしました。^^

「安心する」とは具体的には何をやるの?

セッションの中で、この世界への安心感が足りていないと思う方には、
具体的には以下のようなことをやります。

方法はいくつかあります。

例えば、1つあげると、
本音と本音の感情交流です。

コーチとクライアントさんで、
1時間くらい時間をとって
本音と本音の感情交流です。

簡単です。
本音でなんでも言い合う、ということです。

クライアントさんからは、時に
「さみしい」とか
「もっと早く返信してほしい」とか
「ワークが1人でできない」とか

色々言われることもあります。

それも、「うんうん」て受け止めます。

互いに、言いたいことを本音で言うんです。

で、時に涙します。

そうやって言いたいことを言っても許させるんだ。
大丈夫なんだ。

怖いことは起こらないんだ。

むしろ、なんか安心するんだ。

と感じられるんです。

自分のままでいても、大丈夫だって
感じられれば、次のステップに進めます。

変更した新しい流れとは?

改善をいれた新しいステップは以下のページで紹介してます。

>セッション全体の流れ(the answer OKメソッドとは)

まとめ

このステップ4の安心を追加したことで、
また、大きな成果が出ています。

とっても嬉しいです!

改善するの、最高です。

やっぱり私は改善マニアです。

これからも、どんどん良くしていきます。^^

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です