春の暖かい風を感じる青と白のセッションルームにて、、

つい先日、イチロー選手が引退されましたね。

もともと私はイチロー選手のファンというわけではなかったのですが、引退会見を見ていたら彼の言葉に何度もグッときて、思わず、涙してしまいました。

本当に偉大な人です。
引退会見の数々のしつもんに対する回答は、さすがでした。

1つのことを貫き、自分と真摯に向き合い続けて結果を出してきた人の言葉には、とても重みがありました。

私たちがより幸せになるために、どう生きればいいのかのヒントがたくさん詰まっていました。

彼の言葉を2つほどシェアさせてください。

イチローの“生きザマ”とは

僕は、正直“生きザマ”というのは、よくわからないです。
んー・・だけど、“生き方”という言葉で考えるなら、
僕は、人より頑張ったとは言えないです。人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。
あくまでも“はかり”は自分の中にある。その自分の“はかり”を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていく、ということを繰り返していく。
そうすると、いつの間にかこんな自分になっているんだという状態になって。
だから、少しずつの積み重ねでしか、自分を超えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて続けられない、と僕は考えているんです。
地道に進むしかない。後退しながらね。ある時は、後退しかしないときもあるし。でも、自分が決めたことを信じたことをやっていく。
それが正解とも限らないんです。間違ったことを続けてしまうこともあるけれど、でも、そうやって遠回りすることでしか、本当の自分と出会えない、そんな気がしています。

イチローが「僕は、人より頑張ったとは言えないです。」、って言い切っていて、ほんとにすごいなと思いました。

本当にそう思っていて、他の誰かと比べることなんかに時間を使わず、過去の自分と比べ続けてきたから、彼は、ここまでの功績を出すことになったのだと思いました。

他の誰かと比較することとは、意味を持たない命の削り方です。本当にもったいないこと。

彼でさえ、一気に高みに行こうとするとギャップがあり、続けられない。
彼でさえ、遠回りしたと思っている。
そして、遠回りすることでしか本当の自分と出会えないのだと。

勇気づけられます。グッときました。ほんとですよね。

やっぱり、地道にいくしかないんです。
また、ここに戻ってきました。

イチローは野球を楽しんでいたのか?

「野球は楽しかったか」「最後の期間は、笑顔が多かったけれど、楽しかったのか」
というような質問についてはこんな答えでした。

日本で2年目くらいまでは楽しかったです。そのあとは、純粋に楽しいことはありませんでした。
もちろんやりがいはあるし、達成感を感じる時もあるけれど。楽しい、というのとは違う。

最後のこの期間も(笑っていたかもだけど)楽しい、というのとはちょっと違います。
誰かの思いを背負うというのはそれなりに重いことなので。そうやって1打席1打席立つことは簡単ではないので、疲れました。ヒット打ちたかったし、応えたかったので。結果を残して最後迎えたかったです。

同時にこうも話していました。

貫いたことは、野球を愛したことです。これは変わることはなかったです。

イチロー選手はずっと楽しかったわけではないんだなって、なんだか安心しました。

私も、正直、「今の仕事は楽しいか」と聞かれたら、「ぼちぼち」という答えになってしまう。

ぼちぼちは楽しめています。

やりがいはあるし、分析したり、クライアントさんの変化を見てとても嬉しくなる瞬間もたくさんあります。

だけど、そこにはあまり遊びのような気軽さはありません。

夢中にはなっています。この仕事をこの上なく、とても愛しています。

もしもこのまま、この仕事を全うできたら、死ぬ直前には、「楽しかった」って最高の笑顔で、息をひきとるようなたぶんそんな気もしています。^^

だから、イチローの話を聞いて、本当に夢中で愛していることをやり続けても、「楽しい」というようなワクワクの感覚の中にずっと浸っていなくてもいいのだ、とわかりました。

これはタイプによると思うんですけどね。

もちろん、私は、イチロー選手にははるかに及びませんが、似ている感覚があって、嬉しかったです。

イチローは、ほんとかっこよかったです。

彼は、

どんな賞をとったという功績は本当はあまり大切ではないと思う。

と言いました。

そして、

引退日に、東京ドームに居た日本のファンの皆さんが、全員立ち上がって、笑顔で拍手と大きな歓声をし続けてくれたシーンについて

今日のあのような出来事がこの後の人生においても絶対に最も印象に残る大切なシーンだと思う。最高に嬉しかった。

と言っていました。

自分のやってきたことは間違っていなかった、自分と向き合い続けてきたけれど、それがたくさんの世界の人々と繋がっていた、

と改めて、体全身で知らしめさせられた、そんな最高の瞬間だったのかもしれません。

私は、彼の会見を聴いて、安心感に満たされながら、改めて、この人生後悔しないように、自分の中の“はかり”を使って、少しずつ積み重ねて自分を超えていこう。

と強く決断していました。

そうそう、地道に進むしかないぜー、って感じです。

今日もありがとうございました。

————

メルマガでいち早くブログ内容をおとどけています。
メルマガ限定の記事もあります。
もしよかったら、お気軽に登録してください。^^
>メルマガ登録はこちら