隣町の窓が大きな珈琲屋さんにて、、

少し前に卒業された
クライアントさんから手紙が届きました。

手書きで書かれた手紙をいただくのは、
久しぶりです。
嬉しかったです。

封をあける時には
「何が書かれているのだろう?」と
すこしのワクワクを感じていました。

封筒を大切に持ち、
指を動かして、封をあける。

便箋を丁寧に取り出して、開く。
さくら色の紙の感触を手で奏でて楽しむ。

手紙を読むまでのこの一連の動作は、
私が忘れていた大切なものに
ふと炎を灯したようです。

不思議な気分になりました。

そういえば、
もうすぐ桜が咲くんだよなあと思いました。

手紙には、
最近起こった素晴らしい出来事についての報告と
感謝が書いてありました。

なんと、美しいのだろうと思いました。

以前の彼女は、
目の前の人を優先し続けていました。
仕事と家事に追われていました。

「家族を大切にすること」
これが自分が幸せになる方法だと
思い込んでいました。

毎日、分刻みで行動しなければ、
いろんなことが間に合いませんでした。

常に、ギリギリの気持ちの中で、
一生懸命、用事をこなし続けていました。

当時、よく言っていたのは、
お子さんを習い事に連れて行くのが
とても苦痛だということでした。

習い事に連れて行くことで、
さらに、他の用事をこなすのがきつくなる。

気持ちにゆとりがなくて、
どうしたらこの状況から
抜け出せるのかわからなくて、
生きた心地のしない日々だったかもしれません。

自分の中に、本当は怒りではなくて、
たくさんの悲しさが溜まっていたことは
まだ知る由もありませんでした。

自分がなくなっていました。
もうどうしようもないところまできていたことを
強く記憶しています。

それから3ヶ月、
一緒にセッションをして、
ワークをしてもらいました。

毎日毎日、
自分の感情と思考に向き合い続けてもらいました。

「なんでそう思うのかな?」
「なんでそう感じたのかな?」

このしつもんに答え続けてもらいました。

たくさん自分と対話して、
この気づきにとうとうたどり着きました。

家族を大切にすることが間違っているのではない。

自分を置き去りにして、
家族を大切にするのは間違っているのだ。

と気づかれました。

幸せになるために
何が自分にブレーキをかけていたのか
気づかれました。

手紙への返事をここで
書かせてもらおうと思います。^^

〜〜〜

手紙の冒頭には、こう記されていました。

「まずは、感謝をお伝えしたいです。
約3ヶ月、いろんな感情を感じ、
“なんでそう思うのかな”を繰り返し、
ようやく手に入れた私を、
たぶん今もキープしています。」

今も一緒に頑張ったあの頃と同じように、
自分の内側と、丁寧に繋がり続けているようです。

愛の中で毎日を過ごしていることが
すぐにわかりました。

家族で助け合いながら、
コツコツと続けて積み上げてきたことが
素晴らしい成果となってかえってきたことを
報告をしてくださいました。

本当に、よかったね。
おめでとう。

あなたが諦めなかったから
家族に影響をもたらした。

あなたが、自分は大丈夫だとわかったから
この場所は、家族にとって、
世界一の安心の場になったのだと思う。

それぞれが、やりたいことを頑張れた。
心から、おめでとう。

そして、
その素晴らしい成果について
こう記されていました。

「日々の生活では得られない自信、
経験、うれしさ、悔しさを感じられたんだなぁ。
素晴らしい経験に、私の方が感動でした。」

出た成果だけに
フォーカスしているのではなくて、
ここにたどり着くまでの素晴らしいプロセス、
いろんな感情のまじりあった
かけがえのない経験へと強く光を当てています。

そうして、今この瞬間、
嬉しさと幸せをさらに拡大させていました。

すごいなと思いました。
それを聞いた私の方こそ、感動でした。

「私は、2019年は、2018年に学んだことを
マイペースにすこしずつ、
私らしく進んでいこうと思います。

とても大きな自信となっているのは、
私は私で大丈夫だと心の底から、
全身から思え、私を信頼できることです。

思うように行かないことも、悩むことも、
ビクビクすることもた〜くさんありますが、
その都度、ノートに書き出します。

「私はどうしたいのかな?」
「どうなりたいのかな?」

セルフコーチングをできるようになり、
はっ!とすることも多くなりました。

そして、感じることの大切さも
とてもよく理解できるようになりました。

今現在もバタバタもがいているところなんですが
それもまた、私を感じている気がして、
私らしくいこ〜と思っています。
なんとかなるので大丈夫と。」

光輝くメッセージをありがとう。

あなたがそこにいてくれて、
成長をし続けていてくれることは、
私の希望です。

感謝しています。

そうですよね。

あなたらしく、もがきながらでいい。
挑戦しているから、悩み、もがくんだよね。
それでいい。

これからもあなたの毎日に
幸せを感じる瞬間が増えていくことを
心から応援しています。^^

〜〜〜

いただいた手紙を何度も読んで味わって、
このメルマガで返事を書こうと
過去の彼女と、今の彼女のことを考えていたら、
なんだか、涙が出てきました。

彼女がもしも辛い状況だったとしても、
たぶん私の反応は大きくは変わらない。

幸せの中にいても、悲しさの中にいても
どちらでも大丈夫だと思っているから。

それ以上に
彼女とはあれから会っていないけれど、
今も、一緒に生きているんだと思いました。

繋がっているんだと。

こうやって繋がって、世界は強まっていく。

そのことに感動しています。

互いに感謝の交換ができるって
なんて素晴らしいんだろうと思います。

悲しい日もあるけれど、
嬉しくて、幸せの日も確かに毎日ある。
それでいい。

「嬉しさ」や「幸せ」って
自ら、丁寧に味わうとね、
もっともっと増えていく。

今日はあなたにこれを聴きたいです。

感謝を拡大させて、
嬉しさや幸せを増やすのはどうでしょう?

「もしも感謝できる人がいるとしたら、
誰ですか?」

「どんなところに感謝していますか?」

今のあなたになるまでに、支えてくれた人です。

今日もありがとうございます。
読んでくれて、こうして繋がっていることに
感謝しています。

追伸、

このクライアントさんのように
セルフでメンタルを整えて、
幸せを増やし、行動できるようになる方の
輪をつなげていきたいなと思うようになりました。

私が個人セッションで
受けさせていただける人数は
限られているので、
今度は、グループでやろうかと思っています。

心理学を学び、日常で実践できるスクール、
講座のようなものを開催しようと思いました。

なんとなく、6月くらいかなー。

もう少しで、お知らせできると思います。
楽しみにしていてくださいね。^^

————

メルマガでいち早くブログ内容をおとどけています。
メルマガ限定の記事もあります。
もしよかったら、お気軽に登録してください。^^
>メルマガ登録はこちら